Script is OFF

お知らせ

~ユーザーさんへ~
ざつだんページを用意しました(・‿・*)
みんなでお話ししましょ^o^
ざつだんする


Twitter始めました!フォローよろしくお願いしますm(_ _)m


読み応えのある記事を読みたい方におススメ!
長編記事だけを集めてみました!

長編記事を読む方はこちら!



みなさんの身の回りで起こった事をコメントで紹介してみませんか?
紹介する

流行の記事

こんな記事もあります!

検索フォーム

月間ページランキング

QRコード

QR

逆アクセスランキング

スポンサー

本日の人気記事

もふもふ

厳選記事

週刊人気記事ランキング

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ

最新コメント

おススメ商品

よく読まれている人気記事

 
> > 主人に2千万円のローンを組ませて同居家を改築したが名義は全部舅のまま →その後舅が無くなると、全部姑名義にしたいと言いだした

主人に2千万円のローンを組ませて同居家を改築したが名義は全部舅のまま →その後舅が無くなると、全部姑名義にしたいと言いだした

551: 名無しさん@HOME 2006/06/15(木) 19:37:43
同居家を改築した時、2千万のローンを主人に組ませたのに 
名義は全部舅のまま。その後舅が亡くなった時、全部姑名義にしたいと 
言った。息子が先に死んで追い出された人がいるからだと。 
住む家がなければ嫁が残って面倒をみるから。で、自分が死んだら 
主人弟に相続させるだと。嫁には権利がないから。 

スポンサーリンク

「あの、お義母さん。私の実家が姉妹ばかりだからお先真っ暗
とかいつも馬鹿にしてますけど、父から沢山相続してますのでその気に
なればいつでも新築一戸建てに引っ越せますけど」
「それに相続だけして知らん振りは人道的に良くないと思いますから
母の面倒は姉妹で仲良くみようと話し合ってますが。」
ついついムカついて言ってしまいました。
信頼関係ない人とは暮らしたくないよ・・・。

552: 名無しさん@HOME 2006/06/15(木) 19:38:45
>>551
GJ
その後のトメの様子キボン

554: 名無しさん@HOME 2006/06/15(木) 19:41:40
税務署にばれなきゃいいね。
トメならおもいっきり贈与税とられろとも思うが

555: 名無しさん@HOME 2006/06/15(木) 19:43:19
GJなのか?
ローンは旦那、名義はウト状態は解消できたの?
ちゃんと名義も旦那に変えられたんならGJ

556: 名無しさん@HOME 2006/06/15(木) 19:47:07
結局物事は何一つ解決してないんじゃあ・・
あなたが旦那が死んだら出て行けるってだけで・・

557: 名無しさん@HOME 2006/06/15(木) 21:10:52
551嫁です。
トメは義父の死後の名義書換ぎりぎりの10ヶ月目に主人と名義を
半々にしました。
というのも、弟が家を建てた時に生前贈与の他に援助した土地の
名義が一部義父になっていて、その分を弟には名義変更するつもりだという
のを聞いてさすがにお人よしの主人もトメに言いました。
それと、悲しいことに実父も亡くなりました。ので相続税ということで
司法書士と税理士におまかせして税金は納めました・・・。
トメはギャフンとはなってませんが、私が一人暮らしの母の様子を
みに出かける時、以前のようにイヤミな事は言わなくなりました。
「実子は相続の権利もあるけど、面倒みる義務もありますから」
と何度も言っておきましたので。


558: 名無しさん@HOME 2006/06/15(木) 21:38:52
>>557
嫁には相続の権利は無いかわりに、
トメの面倒をみる義務もない、

を忘れちゃいませんか?
今現在、あなたと同居しているのは、
嫁の好意だと。

560: 名無しさん@HOME 2006/06/15(木) 21:47:49
>>557
よくわからんが、551夫が超ヘタレなのは理解できた。典型的な同居負け組み。
551自身が財産持ってるみたいだからあまり気にならないかもしれんが、も
う少し遺産相続で工夫しないと...。トメ死んだときには家を売りに出さない
といけないような事態にならないよう、気をつけて。

>>554
長年夫婦やってるとモウマンタイ。

引用元: 勇者降臨 義理家族に言ってスカッとした一言 その82

関連記事

お悩み相談、最新ニュースで語り合う『ガルトピ』♪ 女性のためのおしゃべりコミュニティOPEN!気になる話題にみんなでコメント、投票ボタンで盛り上がれる掲示板サイト【ガールズトピックス】



スポンサーリンク

オススメサイト最新記事

コメント

このページのトップへ