Script is OFF

お知らせ

~ユーザーさんへ~
ざつだんページを用意しました(・‿・*)
みんなでお話ししましょ^o^
ざつだんする


Twitter始めました!フォローよろしくお願いしますm(_ _)m


読み応えのある記事を読みたい方におススメ!
長編記事だけを集めてみました!

長編記事を読む方はこちら!



みなさんの身の回りで起こった事をコメントで紹介してみませんか?
紹介する

流行の記事

こんな記事もあります!

検索フォーム

月間ページランキング

QRコード

QR

逆アクセスランキング

スポンサー

本日の人気記事

もふもふ

厳選記事

週刊人気記事ランキング

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ

最新コメント

おススメ商品

よく読まれている人気記事

 
> > 親に虐待されて育ったせいか子供が苦手で怖い。なのに、毎年のクリスマス、社長直々の指名で保育園へ行かなきゃいけない・・・

親に虐待されて育ったせいか子供が苦手で怖い。なのに、毎年のクリスマス、社長直々の指名で保育園へ行かなきゃいけない・・・

975: 名無しさん@おーぷん 2014/12/19(金)15:18:12 ID:Y39
私は小さい子供が嫌いとまでいかなくても苦手で怖い。
幼少期に両親から虐待されて育って、もう成人しているんだけど
無償で愛されてる赤ちゃんを見ると泣きそうになってしまうし
そもそもどう接していいかもわからない。とりあえず引きつってるであろう笑顔を見せるだけ。
書き起こしてみるとどう説明すればよいかわからないけど、本当に苦手。

そんな私が勤めている会社のすぐ近くに保育園があって、毎年クリスマス会が開かれる。
サンタ役が会社のおじさん。そして私はカメラマン。社長直々に名指しされる。(サンタ役が写真がほしいらしい)
今までは極力離れたところからカメラ撮影していたんだけど、ある年のこと。

スポンサーリンク

ヴィオラ演奏者が来ていたみたいで、保育園の園長さんに「ぜひ!一緒に聴いてください!」と言われてしまい
ついて行って座らされたのは園児の真横。園児達の視線が私に注がれ、「誰?この人」と言わんばかりの態度。
サンタ役が登場するまでの間ヴィオラやピアノで演奏があり、私の周りにいる園児達は大声で歌う。
もう手が震えて心臓がバクバクして、泣いている園児を見て「私の方が泣きたいよ!!」と思うぐらい怖かった。
サンタ役が登場して、園児達が次々に写真を撮っていく中、私を指さして「誰!?知らん人!誰?お前だれ!?」と叫ぶ園児がいた。

この子の躾がちゃんとされていなかったのかもしれない。でも指を差されて「お前」とか言われて
なんかもう腹立つやら泣きそうになるやら、だけど怖いやら色々な感情がぶわーっとなって耳がキーンとなった。
なんか返事しないと!と思って、カメラを見せて「カメラ…マンです…」とだけ言うと変な顔してどっかに行った。

子供が好きでたまらない人には理解されないだろうけれど、これが私の修羅場でした。
気分を悪くされた方がいらっしゃったら、ほんとすみません。

976: 名無しさん@おーぷん 2014/12/19(金)15:34:32 ID:Swd
>>975
対人恐怖症の子供限定版なんかな?

978: 名無しさん@おーぷん 2014/12/19(金)15:53:56 ID:Y39
975です

対人恐怖症とは考えたことはないですが、自分でもよく分かりません。
幸せそうな雰囲気とかも羨ましく思ってしまって、自己嫌悪になったりします。
恐怖症なのだとすれば、克服できるかもしれませんので考えてみようかな。

まだ未婚ですが結婚して子供がほしい気持ちは少しあります。
赤ちゃんとかも「可愛いな」っていう感情はあります。

979: 名無しさん@おーぷん 2014/12/19(金)17:53:26 ID:tZu
バツイチ子持ちの女だけど、978の気持ち分かる気がするわ
自分の子供はいいんだけど、保育園のイベントなんて苦痛でしかない。勿論、可愛いな~って感情もある。でも所謂クソガキってやつとかませた子供に遭遇したらもう…堪えきれない
こんなとき、もし旦那が居たら自分は一回外に逃げられるのに…とか考えていつもイベントが終わる
元々、人と関わるのが嫌いなんでママ友()なんて作ろうとも思わない&自分の子供以外に興味が持てないので未だにクラスの子供と親の名前とかよく知らない

引用元: 今までにあった修羅場を語れ【その6】

関連記事

お悩み相談、最新ニュースで語り合う『ガルトピ』♪ 女性のためのおしゃべりコミュニティOPEN!気になる話題にみんなでコメント、投票ボタンで盛り上がれる掲示板サイト【ガールズトピックス】



スポンサーリンク

オススメサイト最新記事

コメント

このページのトップへ