Script is OFF

お知らせ

~ユーザーさんへ~
ざつだんページを用意しました(・‿・*)
みんなでお話ししましょ^o^
ざつだんする


Twitter始めました!フォローよろしくお願いしますm(_ _)m


読み応えのある記事を読みたい方におススメ!
長編記事だけを集めてみました!

長編記事を読む方はこちら!



みなさんの身の回りで起こった事をコメントで紹介してみませんか?
紹介する

流行の記事

こんな記事もあります!

検索フォーム

月間ページランキング

QRコード

QR

逆アクセスランキング

スポンサー

本日の人気記事

もふもふ

厳選記事

週刊人気記事ランキング

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ

最新コメント

おススメ商品

よく読まれている人気記事

 
> > 私の高校は国際高校でいろんな国の大学が来るんだけど、初めて韓国の大学が来ることになった・・・

私の高校は国際高校でいろんな国の大学が来るんだけど、初めて韓国の大学が来ることになった・・・

276:   03/08/02 13:30 ID:vkKHaPeD
あのー仕事とはあんまり関係ないことなんですけど、 
韓国の大学が私の高校に訪問しに来たときの話をここに書いてもいいですか? 

277: 多摩 ◆Nida/IPsDA 03/08/02 13:32 ID:kSVPQAcV
>>276 
お願いします!(・∀・)ワクワク! 


スポンサーリンク

278:   03/08/02 14:02 ID:vkKHaPeD
どうもありがとうございます。

私の学校は東南アジアにある某国際校なので、
いろんな国の大学が生徒勧誘のために学校を訪問することは
結構よくあることだったのですが、
いままで韓国の大学が来たことは一度もありませんでした。
そのため私もいったいどんな学校だろうとワクワクしていました。
普通の学校はパンフレットを配ったり、説明会を開いたりして生徒にアピールするのですが、
韓国の学校はやっぱり一味違っていました。

パンフレット等はなくって、用意されていたのが
韓国の歴史が貼ってある掲示板と昼休みから始まるKOREAN CULTURE SHOWと呼ばれるものぐらいでした。

掲示板にはハングル板の人たちの想像をを裏切らない
「半万年の歴史」と「日本に文化を伝えてあげたニダ」
とのことが書かれていました。
ちゃんと読んでないのでよく覚えてないのですが、
その歴史の最後のしめに
「このようなことから韓国はアジアのスイスと呼ばれている」
(Switzerland in Asia)と書いてありました。

279:   03/08/02 14:12 ID:vkKHaPeD
もう一つKOREAN CULTURE SHOWなのですが
それもどの辺がカルチャーなんだ?と思わせるようなイベントでした。
まず韓国の大学生が王子のような格好+真っ赤なマントをひるがえして音楽に合わせて踊り、その後ろに5,6人の女の子がバックダンサーとして踊っていました。
途中にその赤いマントをバッっと投げ捨てたところで大歓声!
それもそのはず、見てる人の5割以上が韓国人なのですから。
うちの学校は韓国人が多いのもあるのですが。。。
ほとんどの人はイベント自体を知らないか興味を持たなかったようです。
とても有意義な一日を過ごせた気がしますw

280: 多摩 ◆Nida/IPsDA 03/08/02 14:47 ID:kSVPQAcV
相変わらず想像を絶してますね。
アジアのスイスですかw

スイスは有史以来大国に隷属して、隣国に35年間併合され
連合国に分割され南北でいがみ合っていたのでしょうかねぇ。

地域対立が酷く人付き合いが悪く排他的なのは似ているかもしれませんが。

そのカルチャーショウも北朝鮮と根が一緒ってことを示してますね。
いったい何がしたいのか理解できませんが。

何にせよ有意義な一日を過ごされたようでw
これからも何かあったら報告お待ちしています!

281: 永奈氏さん ◆EpSaI2doSo 03/08/02 14:56 ID:/96OFdOE
隷属していたかどうかはともかく、大国に振り回されたのはまぁ間違いないと思うよ<スイス
独立不羈の精神はかの国に見習ってもらいたいところだが。

282:   03/08/02 15:23 ID:57pKXmAz
他のヨーロッパ諸国から嫌われているところは
似ているかも・・・>スイス

引用元: 韓国人と一緒に仕事で困ったコト・ぐっ9

関連記事

お悩み相談、最新ニュースで語り合う『ガルトピ』♪ 女性のためのおしゃべりコミュニティOPEN!気になる話題にみんなでコメント、投票ボタンで盛り上がれる掲示板サイト【ガールズトピックス】



スポンサーリンク

オススメサイト最新記事

コメント

このページのトップへ