Script is OFF

お知らせ

~ユーザーさんへ~
ざつだんページを用意しました(・‿・*)
みんなでお話ししましょ^o^
ざつだんする


Twitter始めました!フォローよろしくお願いしますm(_ _)m


読み応えのある記事を読みたい方におススメ!
長編記事だけを集めてみました!

長編記事を読む方はこちら!



みなさんの身の回りで起こった事をコメントで紹介してみませんか?
紹介する

流行の記事

こんな記事もあります!

検索フォーム

月間ページランキング

QRコード

QR

逆アクセスランキング

スポンサー

本日の人気記事

もふもふ

厳選記事

週刊人気記事ランキング

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ

最新コメント

おススメ商品

よく読まれている人気記事

 
> > 【不倫】俺は嫁も義妹も愛しているんだ

【不倫】俺は嫁も義妹も愛しているんだ

382: 本当にあった怖い名無し 2007/12/07(金) 05:12:31 ID:uTboXeI4O
義妹(嫁の妹)と関係を持ってしまったこと。 
嫁と親御さんに申し訳がない。でも義妹が好きだ。 

384: 本当にあった怖い名無し 2007/12/07(金) 09:00:18 ID:HZkz1anbO
>>382相手が近いからバレるのは時間の問題かと。女性は約束や黙ってる事の類も、感情が高ぶると噴出するからアテにならない

399: 本当にあった怖い名無し 2007/12/07(金) 21:10:07 ID:TXQOes8o0
>>382 
実の姉を裏切るような性根の悪い女を良く好きになれるなあ 
恋は盲目だね


スポンサーリンク

401: 本当にあった怖い名無し 2007/12/08(土) 17:37:42 ID:u3EQhnVCO
>>399
義妹は何も悪くないんだ。悪いのは全部俺なんだ。
俺が何も喋らなければ嫁も義妹も嫁の両親もみんな幸せなんだ。

402: 本当にあった怖い名無し 2007/12/08(土) 17:53:18 ID:3S+QIRwRO
典型的な自分酔いだな。
そんな縁もあるし男と女で興味があればやっちゃうのも仕方ない。

自分が悪いってわかってんなら嫁さんと別れて駆け落ちでもすりゃいいのに。そんな覚悟もお互いにないんだろね。

妹さんが姉さんを羨ましがって影で男を弄んでるとしか思えんわ。

それを解ってるんじゃない?だから自分を悪者にしようとしてるんだろ。

405: 本当にあった怖い名無し 2007/12/09(日) 00:19:38 ID:rvJNNTbs0
>>401
妹とダンナに裏切られてる現状で嫁が幸せ者なわけないじゃん。
どういう神経してるんだ、こいつ。

第一、後からもし知ったなら、その頃ノー天気に生きてた自分を
おまいらが嘲笑ってたんだろうと余計なショックまで受けるよ。
子供がいないなら、その姉妹の前から姿を消せ。それが一番。

407: 本当にあった怖い名無し 2007/12/09(日) 01:34:27 ID:/qQPtmh/O
>>405俺は嫁も義妹も、本当に二人とも愛してるんだ。
嫁には一生言わないよ。俺達は本当に幸せなんだから。人生には『知らないこと』も必要だと思っている。

408: 本当にあった怖い名無し 2007/12/09(日) 01:58:31 ID:dFLHWBX1O
>>407
貴方が嫁に一生言わないと誓っても、他からバレる可能性だってある。
第一に、義妹からばらされない保証だってないでしょ?
あなたは姉と妹、両方手に入れて「愛してる」なんて抜かすけど、姉妹からしたらあなたは一人しかいない。
妹があなたを独占したいと本気で思い出したら、救いようのない修羅場が待っている。
女の本気と独占欲とプライドを舐めるな。

416: 本当にあった怖い名無し 2007/12/09(日) 02:51:33 ID:oZok+U+XO
>>407
まあ何事も逆に考えてみることが大切だ。
自分が嫁の立場だったとしても幸せだと言えるのかどうか。

440: 本当にあった怖い名無し 2007/12/11(火) 09:28:25 ID:uHm8RrNG0
>>407
うわー、きもちわるいwww
幸せなのは『俺達』じゃなく『俺』だろ
墓場まで持っていく話を正当化しようとしてる自分大好き!なのがきもい
このスレNo.1だ。姉妹に甘えてるのか舐めてるのか

引用元: 墓場まで持っていくつもりだった話

関連記事

お悩み相談、最新ニュースで語り合う『ガルトピ』♪ 女性のためのおしゃべりコミュニティOPEN!気になる話題にみんなでコメント、投票ボタンで盛り上がれる掲示板サイト【ガールズトピックス】



スポンサーリンク

オススメサイト最新記事

コメント

このページのトップへ