Script is OFF

お知らせ

~ユーザーさんへ~
ざつだんページを用意しました(・‿・*)
みんなでお話ししましょ^o^
ざつだんする


Twitter始めました!フォローよろしくお願いしますm(_ _)m


読み応えのある記事を読みたい方におススメ!
長編記事だけを集めてみました!

長編記事を読む方はこちら!



みなさんの身の回りで起こった事をコメントで紹介してみませんか?
紹介する

流行の記事

こんな記事もあります!

検索フォーム

月間ページランキング

QRコード

QR

逆アクセスランキング

スポンサー

本日の人気記事

もふもふ

厳選記事

週刊人気記事ランキング

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ

最新コメント

おススメ商品

よく読まれている人気記事

 
> > 【スカッと】夫婦で子供は持たないと決めている。パートのおばさんがその都度『子供作りなさいよ!』と言ってくる・・そして今日も・・すると女上司がそのおばさんにガツンと!

【スカッと】夫婦で子供は持たないと決めている。パートのおばさんがその都度『子供作りなさいよ!』と言ってくる・・そして今日も・・すると女上司がそのおばさんにガツンと!

841: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/15(土) 01:27:17 ID:DZDuCkhG
私は30歳既婚。体質には問題ないが諸事情により子供は持たないと夫婦で決めている。
しかし職場のパートのおばさんがやたらと
「子供作りなさいよ」と言ってくる。その都度「色々あって作れなくて」
と言うのだが、話を聞いてなくて数日後にはまた子供の話題を出す。

そして今日もおばさんが

スポンサーリンク

「子供産むと自分も成長できるわよ~」と言ってきて、
(ああまたか…いい加減イライラしてきた)と思った瞬間、
ちょうど書類を持ってきた女上司が
「パートさん、子供を使った自己啓発も結構ですけど、いい加減仕事覚えてください。
またこの項目が違っているんですけど」と。

凍りつく空気。そしてパートのおばさんも固まっている。
「あとね、パートさん。他人に出産を強要するのもモラハラの一種ですよ。気を付けてください」
と女上司が追い打ち。

パートのおばさんは何も言い返せず顔を真っ赤にしていた。
その後女上司が「あまりしつこく言われたら私に報告しなさいよ」
と言ってくれて、感謝すると同時に同性ながら惚れそうになってしまった。

842: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/15(土) 01:30:56 ID:9QlOC9RA
>>841
女上司GJ

843: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/15(土) 02:16:37 ID:b7FDiSdj
これが管理責任ってやつですね

845: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/15(土) 03:58:46 ID:Ulx3WJcF
>>841の女上司さんに惚れた!!女だけど結婚してください!!

846: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/15(土) 04:52:27 ID:eew0yd1J
>>841
>「子供産むと自分も成長できるわよ~」

BBA成長してへんw

847: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/15(土) 06:30:53 ID:Q+YFRHZd
>>846
成長してその程度かも知れないw

引用元: 胸がスーッとする武勇伝を聞かせて下さい!(123)

関連記事

お悩み相談、最新ニュースで語り合う『ガルトピ』♪ 女性のためのおしゃべりコミュニティOPEN!気になる話題にみんなでコメント、投票ボタンで盛り上がれる掲示板サイト【ガールズトピックス】



スポンサーリンク

オススメサイト最新記事

コメント

  • 名無し@勘違い 様

    「具体的にどこら辺が成長しますか?」って聞いてほしいwww
  • 名無し@勘違い 様

    待て、四つんばいでアーとかウーとかしか言えなかったレベルのババアが
    子育てを通じて何とかお荷物パート社員になれるくらいに成長した可能性も微レ存
  • 名無し@勘違い 様

    パートさんはあと何人産めば他人への配慮ができるレベルに成長できるの
  • 名無し@勘違い 様

    そしてこんどは上司の悪口いうんだろうな
  • 名無し@勘違い 様

    実親や義理親に孫うめ攻撃されるのも嫌なのに他人に言われたくない
    女上司の「出産の強要」てすごい言葉と思った。種付けプレス、強制孕ませとかゆう成人向け漫画やavのキャッチコピーと同じだった(>_<)
  • 名無し@勘違い 様

    このBBAの話を読む限りでは、

    子供を産んで退化する

    人も多いんじゃね?
    と感じた。

このページのトップへ