Script is OFF

お知らせ

~ユーザーさんへ~
ざつだんページを用意しました(・‿・*)
みんなでお話ししましょ^o^
ざつだんする


Twitter始めました!フォローよろしくお願いしますm(_ _)m


読み応えのある記事を読みたい方におススメ!
長編記事だけを集めてみました!

長編記事を読む方はこちら!



みなさんの身の回りで起こった事をコメントで紹介してみませんか?
紹介する

流行の記事

こんな記事もあります!

検索フォーム

月間ページランキング

QRコード

QR

逆アクセスランキング

スポンサー

本日の人気記事

もふもふ

厳選記事

週刊人気記事ランキング

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ

最新コメント

おススメ商品

よく読まれている人気記事

 
> > 異父妹の家へ行くと彼氏と同じ靴が!妹「知り合い?」私『A男は私の彼氏だよ』妹「A男って誰?」 → 妹と私達は復讐。すると婚約者とそれ以外にもウワキ相手が・・・

異父妹の家へ行くと彼氏と同じ靴が!妹「知り合い?」私『A男は私の彼氏だよ』妹「A男って誰?」 → 妹と私達は復讐。すると婚約者とそれ以外にもウワキ相手が・・・

タグ: 復讐 彼氏 浮気
34: 名無しさん@おーぷん 2014/09/20(土)10:36:03 ID:M2hhaaI15
5年付き合った彼氏に浮気発覚+嘘つかれまくってたことが分かった。
仕事先も「一流企業で残業が多いけど…」なんて言われてたけど普通にコンビニでアルバイトだったし、浮気相手は私の妹(異父妹で今は一人暮らし)だった。
妹の家に母の煮物をおすそ分けに行ったら男物の靴。
「誰か来てるんだ。(あれ、彼の靴と同じやつだ。珍しいなー)」
「彼氏なの。紹介するから上がって行って!」
上がった先には彼氏。お互い「え!」って叫んでしまった。

スポンサーリンク

妹が「知り合い?」っていうから「…A男は私の彼氏だよ」というと「B太くんでしょ?A男くんって誰?」
ええ、妹には偽名で付き合ってた。うまくごまかそうとしてるみたいだったけど私が「免許出せ」って言って嘘発覚。
私と妹は父が違うせいか顔が違う。私が純日本人顔で妹がハーフみたい(よくベッキーに似てると言われる。)
だから姉妹だと気付かないまま付き合ったそう。
「お姉ちゃんごめんなさい…」と泣きながら謝る妹と「妹ちゃんも泣いてるから許そう?俺はどちらも愛してるから。どっちでもいいよ」
二人でキレてそのまま別れて終わり、にしたかったが私たち、性格は似ていて「あいつ許さん!」となったので復讐することにした。
ここまでが前置き。

35: 34 2014/09/20(土)11:03:09 ID:M2hhaaI15
A男は実家に住んでる。それを踏まえて私たちは実家に手紙を送った。
内容は「A男には浮気相手がいる。嘘だと思うなら調べてみろ。」
「A男はコンビニでアルバイト。隣駅の○○に○時に行ったら会えますよ」
A男、実家にすら嘘をついてた。それにA男、私たち以外に本命が居て婚約済みだった。
すでに実家で同居してて籍を入れる直前。
手紙を投函してから三日で実家から追い出された。手紙を読んだ彼母+婚約者がコンビニに現れ問い詰めたら浮気も自白。
泣きながら他の浮気相手の所に行ったけどそこにも同じ手紙を投函しておいたから「帰れ!」と追い返される。
結局浮気相手全員に「二度とくんな」と追い返されたA男は妹の所へ。
「やっぱり君が好きだ!」なんて言ったけど「いや無理。」で追い返すと私の所に来た。
私も無理、って言いたかったけど復讐の為。「…私も」なんて言って復縁。
しかし今まで尽くしていた私はもういない。
「ごはんまだ?」「なんでアイロン掛けてないわけ!頭おかしいんじゃないの!」「お風呂ぬるいんだけど。家にいる癖に」と散々いびって一か月もしないうちに捨てた。
しかし戻る場所がなく、再び戻ってくるA男。
ひたすらいびり続けた。半年たったころには昔の面影はなく、自信がなさそうに「これでいいですか…」という始末。
そこで「やっぱ別れる。イラね」してやったらすごく泣きつかれたけどそのまま引越しの時期だったのでアパートを出て解約。
追い出されたA男は再び就活や婚活を開始したがもやしみたいになった彼。声だってぼそぼそしゃべってて何言ってるかわかんないくらいの人なんてどこも相手にしない。
実家にも戻れず、今はマンスリーに住みながらバイトで一人食いつないでいる。

引用元: 本当にやった復讐 2

関連記事

お悩み相談、最新ニュースで語り合う『ガルトピ』♪ 女性のためのおしゃべりコミュニティOPEN!気になる話題にみんなでコメント、投票ボタンで盛り上がれる掲示板サイト【ガールズトピックス】



スポンサーリンク

オススメサイト最新記事

コメント

このページのトップへ