Script is OFF

お知らせ

~ユーザーさんへ~
ざつだんページを用意しました(・‿・*)
みんなでお話ししましょ^o^
ざつだんする


Twitter始めました!フォローよろしくお願いしますm(_ _)m


読み応えのある記事を読みたい方におススメ!
長編記事だけを集めてみました!

長編記事を読む方はこちら!



みなさんの身の回りで起こった事をコメントで紹介してみませんか?
紹介する

流行の記事

こんな記事もあります!

検索フォーム

月間ページランキング

QRコード

QR

逆アクセスランキング

スポンサー

本日の人気記事

もふもふ

厳選記事

週刊人気記事ランキング

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ

最新コメント

おススメ商品

よく読まれている人気記事

 
> 愛人
306: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/05(木) 14:17:47.67 ID:Fc/yovQX
吐き出させてくれ 
両親が離婚同様の別居をすることになった 
私は結婚して遠く離れていたので、その間に父親が浮気していたのなんて知らなかった 
母親の生活態度は良妻賢母というわけではなかったけど家事育児はちゃんとしてくれたと思う 
両親はとても仲がよかったのに、愛人ができてから父親は家によりつかなくなってしまったらしい 
父曰く母にも悪いところはたくさんあって我慢をしてきた、もうこれ以上我慢するのは嫌だと 
愛人だけのせいじゃないと 

続きを読む

スポンサー

608: 本当にあった怖い名無し 2012/08/11(土) 11:07:03.89 ID:fmT0ht8oO
大学時代1つ上の先輩に惚れた。
当時ど田舎から都会に来てボソボソとなまっててみんなに馬鹿にされていた俺にも普通にしゃべってくれる某アイドル似の彼女は女神に見えた。
一生懸命のプッシュでなんとか付き合ってもらえる事に。
だが彼女はとんでもない女だった。
彼女のおかげで彼女のグループに入れていろんなとこに行けたのだが、常に俺をパシりや笑い者にした。
荷物持ちや買い物はいつも当然のように俺。
「いいよ。いいよ。こいつにやらしておけばいいじゃん。」

続きを読む

スポンサー

451: 名無しさん@HOME 2008/05/18(日) 04:58:22
大人しくてやさしい良トメに比べて、セクハラ、モラハラ、DVの糞ウト
ウトは少し会社経営者で他にあまり需要がない会社なので儲かっていて
若い愛人をこさえて10年くらい別宅にいた。
私は結婚してから同居だけど、そんな訳でウトには殆ど合った事がなかった。
「どんな人?」と聞いても返事がないから変だな~とは思ってはいた。
ただ、二人とも「いない方が平和でいい。一生帰ってきて欲しくない」
そう言っていたのであえてウトの事は知ろうと思わなかった。
それが変わったのは2ヶ月前、別宅で倒れてウトは要介護状態に。
(回復の見込みは一応ある)

続きを読む

スポンサー


その1:【1/2】主人に愛人がいて妊娠してる…しかもお腹の子は男の子なのでウトメは「跡継ぎができた!ヤッター!お前はさっさとどっかいけ!」と言われ…

その2:【2/2】主人に愛人がいて妊娠してる…しかもお腹の子は男の子なのでウトメは「跡継ぎができた!ヤッター!お前はさっさとどっかいけ!」と言われ…


5: 58 ◆ZdoNhmccqP4h 2012/05/15(火) 19:18:34
移動しておきます。
今日は、この後書き込み出来ませんが、皆さんの書き込み、励みになってます。
本当にありがとうございます

12: 名無しさん@HOME 2012/05/15(火) 20:47:52
>>5
応援してるよ
(,,゚Д゚) ガンガレ!

続きを読む

スポンサー


その1:【1/2】主人に愛人がいて妊娠してる…しかもお腹の子は男の子なのでウトメは「跡継ぎができた!ヤッター!お前はさっさとどっかいけ!」と言われ…

その2:【2/2】主人に愛人がいて妊娠してる…しかもお腹の子は男の子なのでウトメは「跡継ぎができた!ヤッター!お前はさっさとどっかいけ!」と言われ… 2014/9/24 22:00 公開


58: 名無しさん@HOME 2012/05/14(月) 15:24:13
主人に愛人がいたこと。そして、その人が妊娠していること。
主人の姉が未婚で子どもを産んで、泣き付かれて、娘をうちで引き取ることになったのが、15年前。
孫が差別されるのはしのびないからと、姑にも舅にも子どもを作るのを反対された。
それでも、乳飲み子から育てた娘は、可愛いし幸せだと思っていた。
義姉は今更娘を引き取りたいんだって、娘も本当のお母さんが義姉だと知っていて、
そちらにいきたいそうだ。

続きを読む

スポンサー