Script is OFF

お知らせ

~ユーザーさんへ~
ざつだんページを用意しました(・‿・*)
みんなでお話ししましょ^o^
ざつだんする


Twitter始めました!フォローよろしくお願いしますm(_ _)m


読み応えのある記事を読みたい方におススメ!
長編記事だけを集めてみました!

長編記事を読む方はこちら!



みなさんの身の回りで起こった事をコメントで紹介してみませんか?
紹介する

流行の記事

こんな記事もあります!

検索フォーム

月間ページランキング

QRコード

QR

逆アクセスランキング

スポンサー

本日の人気記事

もふもふ

厳選記事

週刊人気記事ランキング

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ

最新コメント

おススメ商品

よく読まれている人気記事

 
> 同窓会
342: 名無しさん 2014/04/14(月)12:38:56 ID:by92rXQiv
現在進行形の復讐です。

俺は高校の野球部の先輩と同じ地元の大学に進んだ。先輩たちにいろんなサークルやバイト先に誘われたけど、先輩にこき使われるのが嫌だった。
それに大学からは先輩たちと同じ寮暮らしになるしマジでその辺が怖かった。そこで野球部で同じいじられキャラだったY先輩にいろいろ教わることにした(先輩と同じバイト先にした)。
おかげでバイトの面接からシフトの頼み方まで完璧で、かなりいいスタートが切れた。
でもこのY先輩が他の先輩たちの輪に入るとなぜか空気が一瞬だけ重くなる。最初はいじられキャラだからと思っていたが、しばらくするとその理由が分かった。

続きを読む

スポンサー

380: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)10:01:23 ID:Q3y
年末に高校の時のメンバーで忘年会みたいなのやった
当時のクラスのほとんどが集まっていて、数年ぶりの再会に喜びあった。
盛り上がっている忘年会終盤、A太にサプライズがあるよ!と幹事が言い出した。
いそいそとB子が出てきてなにやら語り出す。
そう言えばA太とB子は高校から付き合っていた。逆プロポーズか?と思ってB子をwktk気分で見てた。
B子は高校の時の交際の想い出、別れてから付き合った男がいかに最低な男だったかを涙ぐみながら語っていた。
別れてたのか・・・と思いつつwktkが止まらない。

続きを読む

スポンサー

229: おさかなくわえた名無しさん 2008/12/17(水) 17:09:13 ID:DSaNdTJZ
どっかのスレにも書いた事があるけど 
高校の同級生のH子は 腐女子・デブス・ワキガの三重苦。 
学年イチの超ブスだった。表立って虐めとかは無かったが 
「お前H子さんと同じレベルだからww」とバカにされるネタの対象だった。 

そのH子が22歳のとき結婚した。 
あのH子が結婚というだけでも、ありえない衝撃だったのだが 
なんと旦那は教授・・・。 

それでも同窓会で、男子たちは「H子さんありえねぇよなwww」 
と未だにバカにするので(女子は勝ち誇った顔でクスクス笑ってる。) 

続きを読む

スポンサー

81: 名無しさん@HOME 2010/12/20(月) 21:16:02
ロミオメールは貰ったことないけどロミオな態度をされたことある。
学生の頃に付き合ってた相手と別れた。
喧嘩別れでもなくなんとなく疎遠な別れ方だったから同窓会で会うことがあっても避けることはなかったしメアドもそのままだった。
帰省した時プチ同窓会があってその時も顔を合わせたんだけど、いきなり無視された。
今までよくしゃべってたわけじゃないけど今回はやたら露骨に避けられる。
それまで接触があったのでもないし、元彼は結婚が決まったとかでみんなおめでとうな雰囲気だったのにここまで嫌がらせのように避けられるのは訳がわかんなかった。
2次会へ行こうかという流れの時に呼びとめられて
「もう後悔しても遅いかんな!」と怒ったように言われた。
これもよく分からなかったけど2次会中にメールで「今まで何回もチャンスをやったのにお前はことごとく無駄にしたな!」ときた。

続きを読む

スポンサー

187: おさかなくわえた名無しさん 2007/09/29(土) 15:31:44 ID:DIFeessI
高校時代、プチイジメに遭っていた俺は友達も作らず
卒業後は誰にも告げずに地元を離れて生活を始めた
そこで友人もでき高校時代とは全く違う幸せな生活を送った
就職もその土地でしたのだが地元の支社に1年ほど行くことになった
支社に全く知らないのだが同窓生がいて同窓会に誘われて行った
そこでイジメをしていたグループと遭遇
「誰が呼んだんだ?」
「なにしに来たんだ?」
「どの面下げて来たんだ?」
などと聞こえるように言われたがシカトした

続きを読む

スポンサー