Script is OFF

お知らせ

~ユーザーさんへ~
ざつだんページを用意しました(・‿・*)
みんなでお話ししましょ^o^
ざつだんする


Twitter始めました!フォローよろしくお願いしますm(_ _)m


読み応えのある記事を読みたい方におススメ!
長編記事だけを集めてみました!

長編記事を読む方はこちら!



みなさんの身の回りで起こった事をコメントで紹介してみませんか?
紹介する

流行の記事

こんな記事もあります!

検索フォーム

月間ページランキング

QRコード

QR

逆アクセスランキング

スポンサー

本日の人気記事

もふもふ

厳選記事

週刊人気記事ランキング

ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ ブログパーツ

最新コメント

おススメ商品

よく読まれている人気記事

 
> 不幸な結婚式
319: 名無しさん@HOME 2012/04/29(日) 18:45:27.28 0
誘導されたので投下 

コトメちゃんが勇者だった。 
義兄嫁はプライドばっか高くて規格外のダラ。義実家に頼りっぱなし。 
子供を産んで少しは変わると思いきや悪化。初孫産んだアタシ女神!状態。 
で、私の親友も同じ年に出産した。私は遊びがてら親友を手伝いに行っていた。 
幼稚園に上がる半年くらい前から、 
「義兄子ちゃんはプレやお稽古はいってるんですか? 
幼稚園グッズ、今から作っといた方がいいみたいですよ~」 
って言ってたんだけど、 
義実家に入り浸りの義兄嫁は小梨がナニ意見してんの?pgr だった。 
…で、入園後。案の定の「うちの子の、作って欲しいんだけど?」要請。 
パリの風を感じさせる高級感漂う物を一週間以内にぜんぶ作れと。 

続きを読む

スポンサー

497: 名無しさん@おーぷん 2015/02/19(木)06:26:56 ID:DOG
私の妹は私の夫を嫌っている
年齢が私>妹>夫なのに、夫と妹は同じ勤め先で、立場は夫が上
このため、結婚式はともかく、妹の披露宴では
夫は親族ではなく会社関係者の席(それも肩書きは部下)に配置されそうになり
相手とうちの両親から叱責されていた
それを根に持っていた妹は、披露宴当日、夫を前に呼びつけて
「ハイ歌って。音響設備壊れてるからアカペラでね」とマイクで言った(壊れてねェ)
書き忘れていたが、妹は四十手前、相手はさらに年上
このため出席者も年齢層が相応に高めだった
会場を見渡した夫(酒が飲めないので素面)は持ち歩いている扇子を抜き出すと
礼服姿で朗々と、敦盛を舞った

続きを読む

スポンサー

768: おさかなくわえた名無しさん 2008/09/10(水) 00:41:10 ID:6ekh13Z8
975 :愛とタヒの名無しさん :2008/09/09(火) 22:25:41 
埋めついでに昔話。 
親戚の披露宴にて。新郎新婦は職場結婚。 
職場の人から見たらイケメンの新郎をお局新婦がゲット、という図式だったようだ。 
職場関係者からは新婦年齢暴露(翌日で30の誕生日)や小さな嫌味スピーチ、 
「新郎の婚約を聞いて泣いた女の子達の分も新婦を幸せに」とか。 
同僚で特に新郎に熱をあげていた子は職場アイドルだったらしく、 
その女の子の取り巻き男性一同が高砂に押し寄せ、 
「○子ちゃん泣かせた祝い酒は美味いだろ、さあ飲め」 

続きを読む

スポンサー

577: 2007/08/09(木) 21:30:27
めでたい華燭の典でDQ返しやってきた。

トメは私の実家を貶め、何かにつけて育ちが悪いと言っていた。
そして私の文句を実家の母に電話をしいやみを言っていたが、母は私に何も言わないので
結婚7年目までこのことは知らなかった。
第一子の出産前に私も夫も切れて、産後すぐは来るな!と言ったら、その後の嫌がらせが
凄く、私は産後欝になっちまった。
第二子出産後は夫がすべてシャットアウトしてくれていたんだが、トメのやつは実家の母に
私の悪口を散々言ったそうで、母は胃を痛めて(そもそも胃が悪かった)入院するはめに。
そのとき初めてトメが母に電話していたことを知った。
その後私はトメとは一度も会ってないし話もしていない。

続きを読む

スポンサー

638: 名無しさんといつまでも一緒 2008/06/05(木) 13:49:42
復讐というか、昨日ママ友さん夫婦から聞いた話なんだけど・・

ママ友ダンナさんは、元劇団主催者さん。
大学時代から営んでいて、お約束ビンボー劇団(本人談)で片っ端から
様々なバイトをこなしては運営費を賄っていたんだそう。

幾つか舞台もできるようになった頃、大学時代の友人の一人がやってきて
『結婚したいけど、親は他界している。彼女の家柄が厳しいので“後見人”
みたいな役で彼女の家に許可を貰いに一緒に行ってくれないか?』と。
初めての舞台の時に花を贈ってもらったり、その彼が嫌いではなかったから
ママ友ダンナさんは2つ返事で引き受けた。

続きを読む

スポンサー